カナロコ

掲載されている写真はサンプルです。
使用の際は、神奈川新聞社への申請が必要です。

神奈川新聞アーカイブズ
神奈川新聞アーカイブズ

神奈川新聞社が戦後、神奈川県内で撮影してきた写真の一部をご紹介します。

他にも多くの写真がありますので、各種メディアにご使用の際は、お問合せください。

あの頃の
横浜ステーション

1950's

横浜駅西口

1957年
 西口全景

商業地として発展しはじめた西口

写真奥左から西口駅舎、相鉄線駅舎、名品街、髙島屋ストア

利用申請はこちら

1957年
 横浜駅名品街

買い物客でにぎわう横浜駅名店街

1973年相鉄ジョイナスとしてリニューアルされた

利用申請はこちら

横浜駅東口

1952年
 東口全景

市電・バスの乗り場があり表口だった東口

右が国道1号 現在は首都高の高架に覆われている

利用申請はこちら

1959年
 東口バス乗り場

横浜市営、神奈中、京急のバス、中にはボンネットバスも見える

岡沢町など市内路線のほか、堀ノ内や平塚、相模湖への長距離路線もあった

利用申請はこちら

1960's

横浜駅西口

1962年
 西口ステーシヨンビル開業

買い物客でにぎわう横浜駅名店街

1973年相鉄ジョイナスとしてリニューアルされた

利用申請はこちら

1964年
 ダイヤモンド地下街開業

神奈川県内初の地下街が西口にオープン(現在のジョイナスの一部)

地下1階に140の店舗、地下2階には360台の地下駐車場を備えた

利用申請はこちら

1968年
 北幸一帯

派新田間川(左・現在は埋め立てられ新田間川緑地に)と新田間川(右)に挟まれた北幸一帯は、横浜煉炭(現在のミツウロコ)をはじめ資材置き場や工場が立ち並んでいた

1960年代、写真右の横浜駅西口から商業地化・オフィス街化の波が押し寄せてきた頃。電話局(現在のNTTコミュニケーションズ横浜西ビル)の建設が始まっている

supported by

利用申請はこちら

横浜駅東口

1962年
 東口

東口駅舎は関東大震災後の1928年に完成した

現在のそごう前からルミネ方面を撮影したもの

利用申請はこちら

1965年
 集団就職

横浜駅東口に降り立った九州地方からの生徒たち

京浜工業地帯の工場などに就職した

利用申請はこちら

1970's-1980's

横浜駅西口

1971年
 ハマボール

ボウリングが大流行していた1970年、北幸の横浜煉炭跡に90レーンの巨大ボウリング場「ハマボール」がオープン

これに対し東口・スカイビルのスカイボウルは72レーンに増強、ボウリング場でも東西戦争が勃発した

supported by

利用申請はこちら

1970年
 ハマボール求人広告

11月下旬の神奈川新聞に掲載されたハマボール開業スタッフの求人広告

自動連続洗車機はマイカー時代の新ビジネス。建物正面には「4分でピカピカ ハマ・カーウォッシュ」との看板が掲げられた

supported by

1978年
 ボウリング課外授業

ハマボールでは近隣の市立中学校の課外授業も行なわれた

56レーン貸し切りでプロの指導も受け「集中力を養うにもいい」と校長

supported by

利用申請はこちら

横浜駅東口

1971年
 東口開発始まる

1968年に初代スカイビル(写真左)が完成

写真右の駅舎も1980年ルミネ横浜になった

利用申請はこちら

1981年
 東西自由通路開通

当時日本一の幅を誇った東西自由通路が全面開通

改札を通らず行き来できるようになり東西間の商戦が本格化した

利用申請はこちら

書籍「かながわの記憶」好評発売中

カナロコ上では紹介しきれない写真も
まだまだあります

お求めは書店または神奈川新聞社クロスメディア営業局出版メディア部(045-227-0850)へ